地域と共に考える、ずっと快適な住まい

京都でリフォーム&新築施工をする杉山工務店は、昭和49年に 向日市で創業し、地域の皆様の「家」のお悩みに寄り添い、 一つ一つ丁寧にお応えしてまいりました。
これからも地元で親しまれる建築屋さんとして、質の高い 施工と提案力で、お客様にとっての最善を一緒に考え、 より良い暮らしをサポートにさせていただきます。

Fotolia_52212099_S

パナソニックが考えた!『木と鉄…各々の長所を徹底的に活かした家造り』

<トラディション&テクノロジーを重視し、信頼で結ばれた家づくり>
2000年から新築は10年保障が法律で義務づけられました。「35年ローンが主流なのに、この保障期間は短いですよね。家は親から子へ、子から孫へ受け継ぎ、少なくとも40年~60年と住むもの構造の堅牢な家を提案し、一生保障がモットーです」。店のコンセプトは「トラディション&テクノロジー」。日本で古来から建材として使われる木の良さ、職人の高い技術などのトラディション(伝統)を大切にしながら、新しいテクノロジー(技術)も積極的に取り入れ、耐震・制震・構造と快適な住み心地を兼ね備えた家づくりを提唱しています。

img_001

優れた技術が脈々と受け継がれる日本古来の木の文化、
パナソニックが考える木の家です。

日本古来の木の文化には、優れた技術が脈々と受け継がれています。そうした木の良さをとことんまで知り尽くしている私たちは、
木の特長を活かしながら、かつ木の弱点をカバーする鉄の特長を上手く取り入れることによって、強く美しい家造りを行っています。

そして、設備や機材はもちろん、ビスひとつをとっても、自分たちの目で選んだ確かな品質のものだけを使います。
なぜなら、私たちがめざすのは、最高級の家造りであるから。

お客さまにとって一生涯の宝である家の建築をまかせていただく。
その仕事の意義、責務の大きさを私たちは常に心に留めています。

nintei_02

データに裏付けられた、強靭な住まい。

木の住まいの良さを生かしつつ、現代の科学的見地に基づいた耐震実験、強度分析、材料の選定、構造設計の自動化など、様々な問題解決の方法を追求し、そして誕生したのが「パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー」です。
従来の木造軸組工法において弱点とされていた梁や接合部を強化し、また全棟で膨大な数のチェック項目による構造計算を実施することにより、データに裏付けされた強い木造住宅を実現しました。
実物大モデルでの振動実験でも、その耐震性が証明されたテクノストラクチャーが、皆様の木の住まいに対するニーズにお応えしていきます。

img_001 (1)

テクノストラクチャーの388の強度チェック項目

structure2pic1_000

テクノストラクチャーでは、業界最高レベルの厳しい基準により、
法律で定められている水準を大きく上回る、緻密な構造計算を実現しています。
チェック項目は基礎強度、柱強度、梁強度、柱接合部強度、梁接合部強度、
耐力壁の量、耐力壁の配置、床強度など全388項目(多雪区域は440項目)にわたります。
細部に渡る緻密な強度チェックが、その安全性を裏付けています。

 

ad02

構造計算を行っていない一般的な木造住宅は、チェック項目がたったの8項目程度というのが実情。
構造計算が行われている場合でも、200項目程度が一般的です。
テクノストラクチャー工法で実施しているチェック項目は388項目。
だからこそ、強度に絶対の自信があるのです。
1.基礎強度・・・101項目
2.柱強度・・・62項目
3.梁強度(テクノビーム)・・・129項目
4.柱接合部強度(ドリフトピン強度)・・・32項目
5.梁接合部強度(ボルト接合)・・・26項目
6.耐力壁の量・・・18項目
7.耐力壁の配置・・・12項目
8.床強度(水平構面の検討)・・・8項目

オリジナル複合梁、テクノビーム。

住まいの構造のなかでも、最も荷重を受ける梁の強度を高めること、それはそのまま住まい全体の強度を高めることにつながります。 テクノストラクチャーでは、木の梁に堅牢な鉄を組み合わせた、これまで以上にたわみが少なく、強固で安定性の強い「テクノビーム」を開発。 木と鉄の融合が、バランスのとれた強靭な構造体を実現します。

img_0041

独自のテクノ接合金具による、強靭な接合仕様。

テクノストラクチャーでは主要構造部の接合に、オリジナルの接合金具を使用することにより、木材の切り欠きを最小限にし、接合部の安定した強度を発揮しています。
これにより、材質本来の強度を最大限に活かした頑丈な構造体を実現すると同時に、施工のスピード化、品質の安定化も実現しました。
また、接合金属を使用することで、引き抜き強度も飛躍的に高め、災害時に備えられています。

img_005

高い耐震性を生む、基礎・床・壁。

部材や接合部そのものの強度が構造体としての基本要素とすれば、それらによって構成される基礎や床・壁は、住まいとしての基本条件と言える部分。
テクノストラクチャーではこの部分でも独自の研究開発に基づく耐震性を採用し、優れた構造強度を確保しています。
強い家を作るだけでなく、家の強さを維持するために必要なのが、細部の劣化対策です。

img_006
img_006

防露・通気・防火、耐久性を保つための細やかな配慮。

img_007

住まいの耐久性を高める重要なポイントのひとつとして、湿気対策があげられます。
テクノストラクチャーでは、調湿性に優れた木の特性を活かしながら、
湿気の影響を受けやすい壁の中、小屋裏、床下の防露・通気に配慮しています。
また、入居後の火災に対する対策を施すなど、長く暮らせる住まいのために、細部にわたり配慮しています。