ちょっとみてね!杉山工務店のブログ

カテゴリー別アーカイブ: 注文住宅

大屋根葺き替え及び、内部改装工事

24_02.gif 耐震改修工事
hana-ani04.gif 内部(28㎜の構造用合板にて)リフォーム hana-ani04.gif

 

 

 hana-ani03.gif大家根吹き替え工事

 

 

hana-ani04.gif 構造用合板にて耐震改修させて頂きました。kao01.gif

 

 hana-ani01.gif 本燻瓦(耐震・暴風等の処理をさせて頂きました。)kao02.gif

 

 

 

24.gif 家は親から子へ、子から孫へと
受け継いでいくものと 私たちは考えますcar02.gifcar01.gif

kao06.gif≪お世話になった業者さん≫icon_biggrin.gif
 ①板金屋さん②足場屋さん

 ③大工さん④設備屋さん
 ⑤材木屋さん⑥廃材処理業者さん
 ⑦瓦屋さん

 house02.gif パナソニック施工認定店です。house02.gif  

    hana-ani01.gif 伝統・技術 hana-ani01.gif
  ト ラディション &  テクノロジー

 施工する職人さんは 一人一人
    真心 ・誇りを待った方々です。 

 hana-ani01.gif 最後まで見て戴き 有難う御座います。

(OK)400×300

  hana-ani04.gif お待ちしてま~す。hana-ani04.gif

0120(360)287 keitai05.gif

外壁耐震改修工事【貴社が認める!長い~お付き合い耐震部材】

house.gif  構造用合板の約4倍

 

画像

木の繊維が絡み合った無数の微細な隙間によって、
透湿性能が構造用合板の約4倍に向上。

壁内部の湿気を室外に排出するので、結露を抑えます。
長持ちする住宅づくりにご活用ください。

enpitu02.gif 特徴

■木質維板に、特殊な樹脂を添加して、
強度と耐水性を
アップ。表面には、通気性
撥水剤を塗布し、耐水性・
浸湿性をさらに
レベルアップしています。繊維板のもつ
断熱性
・防音性プラス透湿性能により、モルタルやサイ

ディング外壁の構造下地材として、すぐれた
性能を発揮
 します。

■外壁下地用耐力面材の認定を取得。
柱や梁を用いる
軸組工法で、N50釘を
使った場合、壁倍率2.7倍を実現
しました
(構造用合板は2.5倍)。

 地震や台風などに強い、安心・安全な
住まいづくりに
貢献できます。

24.gif 家は親から子へ、子から孫へと
受け継いでいくものと 私たちは考えます。car02.gifcar01.gif

 house02.gif 【パナソニック施工認定店です。】house02.gif  

    hana-ani01.gif 伝統・技術 hana-ani01.gif
  ト ラディション &  テクノロジー

 施工する職人さんは 一人一人
    真心 ・誇りを待った方々です。 

 hana-ani01.gif 最後まで見て戴き 有難う御座います。

(OK)400×300

  hana-ani04.gif お待ちしてま~す。hana-ani04.gif

kao06.gif 0120(360)287 keitai05.gif

 

 

 


金物工事【私たちが納得できる、耐震金物色々】

 house.gif 耐震金物 house.gif

enpitu02.gif 私たちが使用している納得できる
   確かな金物類です。!!!

  

enpitu02.gif60cm角の垂木を止める
金物です。(耐震金物)
                                           

 enpitu02.gif 大家根の母屋をつなげる
補強金物です。(ステンレス製)
                                                                                                    

 

enpitu02.gif 柱と土台・梁を補強金物です。
(引っ張り強度:1.5トン)
                                                  

   

enpitu02.gif 同上、と同じ場所に使い金物です。
       (引っ張り強度:2トン
                                                       

enpitu02.gif一階、大引き受け金物
(土台と大引きをつなぐ金物です。)
                                                     

enpitu02.gif 梁・大引き。母屋等を引き寄せる
金物です。

                                                            

 enpitu02.gif フローリング等の合板用ボンドです。
     (発砲ウレタン製です)
                                                                             

enpitu02.gif 構造用合板用のビスです
(施工後、ゆるんできません。)
                                                 

enpitu02.gif 一階、土台 ・ 二、三階の
梁等の
四隅に使用します。
                                                   

enpitu02.gif 通常使用しています釘、
     約2倍の太さです。
(地震等の揺れでも折れの少ない
金物です。)
                                               

enpitu02.gif 大引き受け金物(鋼製束)
(通常使用の束とは違い、大引きを
受ける場所に
ゴムの補強がされています)
                                                      

 enpitu02.gif ドリフトピン(パナソニック製)
(通常は家の柱は、ほぞを付け土台・梁と
つなげますが
ほぞをつけると地震等に弱く
折れてしまいますが
ドリフトピンは、
ひっぱても・揺れても大丈夫な金物です)
                                                           

hana-ani01.gif 最後まで見て戴き 有難う御座います。hana-ani04.gif

(OK)400×300

  hana-ani04.gif お待ちしてま~す。hana-ani04.gif

0120(360)287 keitai05.gif

 

 

 

夏は涼しく・冬は暖かく・風が通る家『構造計算・耐震等級3』

『構造計算・耐震等級3』

(OK)400×300

 

地盤調査中・・・
  大切なことです! 

 

enpitu02.gif 土地の神様へ
 仕事中、お守りいただきますように
           (地鎮祭) 

 

 

enpitu02.gif地盤改良(杭打ち事業)
・浅い所で、1m・・・ 深い所で
2.5m ありました。
間隔は900cm
・杭の大きさは600cm
パナソニックの
震度7以上を前提に改良! 
(耐震等級3)

 

enpitu02.gif 基礎(ベタ基礎)及び
基礎ベース(厚み300cm)含むは、
外周H=1m200cm・内部=750cm
基礎幅150cm、三階を建てても大丈夫・・・
  (想定外でも大丈夫) 

enpitu02.gifテクノストラクチャーの出番です。

 

 

 

enpitu02.gif 構造用柱・構造用合板28mm
鉄骨で出来た梁(テクノストラクチャー)、
柱と梁をつなげる(ドリフトピン)

                                                               

 

 

  enpitu02.gif 屋根垂木(松の乾燥材)は
   厚み45cm・高さ90cm
  ・垂木と垂木の幅30cm
   断熱材は50㎜・軒出は700㎜
  (50年の大工さんの真心・誇り)

   

 

土台には、スーパーカーボンコート使用!
(スーパーカーボンコートの目的は、
住宅における調湿・防腐・防蟻・空気洗浄
(摘発性物質の吸着)
・マイナスイオン効果などです。) 

                                                                            

  ここまでお世話になった業者様
① 土木業さん  ② 材木屋さん
③ 大工さん    ④ 仮設業屋さん
⑤ クレーン屋さん ⑥ パナソニックさん

⑦ 地盤調査さん  ⑧ お寺さん
⑨ 住宅設備さん  ⑩ 給排水設備屋さん
 ⑪ 板金屋さん   ⑫ ご近所の皆様

hana-ani01.gifこれからも宜しくお願いします。keitai05.gif

 

庇、塗り替え工事【既存スチール窓・玄関庇、塗り替え】

24_02.gif スチール窓庇・玄関庇  24_02.gif

kao01.gif Before

FotoJet (59)

down.gif

FotoJet (5)

down.gif

FotoJet (6)

down.gif

kao-a17.gif After

FotoJet (58)

hana-ani01.gif

FotoJet (10)

パナソニック施工認定店です。  

  hana-ani01.gif 伝統・技術 hana-ani01.gif
 ト ラディション &  テクノロジー

  施工する職人さんは
  一人一人 真心 ・誇りを待った方々です。 

 hana-ani01.gif 最後まで見ていただき
有難う御座います。

(OK)400×300

 お待ちしてま~す。hana-ani04.gif

 0120(360)287 keitai05.gif

外壁サイデング・大屋根カラーベスト瓦【改修・リフォーム工事】

heart01.gif 塗装工程 heart01.gif

FotoJet (36)

heart05.gif ① 高圧洗浄

FotoJet (37)

FotoJet (40)

heart05.gif ② シーリング(下地処理)
(壁面のヒビ・サッシ回りの
すき間の補修。)

heart01.gif ③ シーラ(壁面の下地処理)

(塗装の定着・耐久性を増す為。)

FotoJet (38)

heart01.gif ④ 下塗り
(塗装で塗膜を強力に密着させます。)

FotoJet (41)

heart01.gif ⑤ 中塗り
(塗膜に厚みを持たせ、ヒビの多い壁は
より厚みを持たせヒビを防止する。)

FotoJet (39)

heart01.gif⑥ 上塗り(仕上げ)
(2回仕上げにて、紫外線の受け
やすい所は、基本3回塗装としています。)

 

icon_biggrin.gif 出来上がりました。 もう安心ですね・・・kao01.gif
kao06.gif ≪お世話になった業者さん≫ icon_biggrin.gif
①足場屋さん③塗装屋さん④大工さん

 ≪協力業者様お世話になりました。≫

 hana-ani01.gif 伝統・技術 hana-ani01.gif
ト ラディション &  テクノロジー
icon_biggrin.gif 施工する職人さんは 一人一人 真心
 ・誇りを待った方々です。 

 hana-ani01.gif 最後まで見ていただき 有難う御座います。

(OK)400×300

 hana-ani01.gifお待ちしていま~す。keitai05.gif

 

和室から洋室へ ➡ リフレッシュ !!!

DSCN6980

  kao04.gif 和室 から 洋室
▲ 
リフレッシュ ▲

【Before】

???????????????????????????????

【改装中】down.gif

DSCN6477

【After】 down.gif

DSCN6980

hana-ani01.gif 出来上がりました。 hana-ani01.gif

  ≪お世話になった業者さん≫ 
①大工さん②内装屋さん③材木屋さん
④電気屋さん⑤廃材業者さん

 ≪協力業者様お世話になりました。≫

 パナソニック施工認定店です。  

    hana-ani01.gif 伝統・技術 hana-ani01.gif
【ト ラディション &  テクノロジー】

kao06.gif 施工する職人さんは 一人一人
真心 
・誇りを待った方々です。 

 最後まで見ていただき 有難う御座います。

   お待ちしていま~す。 keitai05.gif

 

外構工事【塀改修工事】

 DSCN8211

 car01.gifcar02.gif  塀改修工事 car01.gifcar02.gif 

 【Before】
(ブロック下地) 

???????????????????????????????
down.gif(ブロック下地)

DSCN8192

down.gif砕石・大

DSCN8194

down.gif(砕石・小にて)

???????????????????????????????

down.gif(カラーブロックにて)

DSCN8207 

down.gif【After】

DSCN8211

kao02.gif 出来上がりました。 

  ≪お世話になった業者さん≫ 
①土木屋さん②サッシ屋さん③左官屋さん

 ≪協力業者様お世話になりました。≫

パナソニック施工認定店です。  

    hana-ani01.gif 伝統・技術 hana-ani01.gif
ト ラディション &  テクノロジー

kao14.gif 施工する職人さんは一人一人真心と
  誇りを持った方々です

 kao02.gif 最後まで見て戴き有難う御座いますhana-ani01.gifhana-ani04.gif 

(OK)400×300


hana-ani04.gif  お待ちしてま~す。hana-ani04.gif

0120(360)287 keitai05.gif

 

 

 

京都~滋賀=≪木材の暖かさ 鉄骨の強さ、耐震・制震・構造の住まい。≫

(OK)400×300

親から子へ、子から孫へ illustrain10-jyuutaku19-150x150_R

ポイント1) 耐震診断付きの設計
ポイント2) 地震に強い部材で建設
ポイント3) 施工品質の追求
ポイント4) 災害シュミレーション
(自動躯体設計システム:震度7を5回の実験に耐えました。)

 illustrain10-jyuutaku20-150x150_R 家は親から子へ、子から孫へと、
30年・40年~と受け継いでいくもの
と私たちは考えます。 耐震・制震の本物
住宅! 最強のコンビです。

illustrain10-jyuutaku20-150x150_R 創業50有余年! テクノストラクチャーと
15年! これからも皆様と一緒にillustrain10-jyuutaku19-150x150_R

  

     【伝統・技術】
  トラディション &  テクノロジー 

illustrain10-jyuutaku19-150x150_R・・・安ければいいですか~!
house_1f_R・・・高ければいいですか~!

illustrain10-jyuutaku20-150x150_R 自社工務店は施工する職人さん一人一人、
   真心・誇りと責任をもった方々です。

 11792_thumbnail_R最後まで見ていただき
       有難う御座います。

  

  hana-ani01.gif お待ちしてま~す。hana-ani01.gif
  11865_thumbnail_R ・・・watermark_R

京都~滋賀・向日市・長岡京市・大山崎≪内部結露を招く危ない施工≫

24.gif 内部結露 24.gif

【低炭素住宅・省エネ住宅・断熱・隙間・基礎
・防湿・⼩屋裏・⽊造・劣化・住宅・壁・施⼯不良
・⾼断熱・⾼気密住宅・気密】

省エネルギー基準の改正や低炭素住宅の認定制度などにより、
住宅の高断熱化は急ピッチで進んでいる。その一方で、内部結露から劣化に
つながる恐れのある不適切な施工が少なくない。「高断熱住宅の危ない隙間」から、
結露を招く原因を写真で解説する。

 以下の16枚の写真は、壁内や床下、小屋裏などの普段見えない場所で、結露が発生するリスクを抱えた施工不良の例だ。既に結露している住宅もある。

kao01.gif 内部結露を招くリスクのある16の施工

袋入り断熱材の防湿シートの不連続(写真:住まい環境プランニング)

配管まわりの断熱欠損(写真:住まい環境プランニング)

★配管まわりの断熱結露
                                                              
間仕切り壁の後張りシートに切れ目(写真:住まい環境プランニング)

★間仕切り壁の後張りシートに切れ目
                                                                     

壁用の断熱材を床に使う(写真:カノム)

下地板なしで気密テープを張る(写真:住まい環境プランニング)
断熱材が配管作業で傾く(写真:カノム)

icon_biggrin.gif  3つの層が連続する

 高断熱住宅で内部結露を防ぐ原則は、断熱層、防湿層、気密層をそれぞれ隙間なく連続させることだ(下の図)。断熱材が部分的に薄かったり入っていなかったりすると、冬季にその部分が冷える。基礎の外周部や窓まわり、配管の貫通部などに気密漏れがあると、外から冷気が入り込んで壁内が冷える。そうした箇所に室内側の隙間から入った高湿な水蒸気が触れると、水蒸気として存在できなくなり結露に至る。

内部結露を防ぐ大事な3要素(資料:日経ホームビルダー)

東洋大学名誉教授の土屋喬雄さんの計算によると、120m2の壁に直径36mmの穴(透湿抵抗は5m2hmmHg/g程度)が開いているだけで、1日当たり926ミリリットルの水分が壁に入る(温度と湿度は室内が20℃、60%、室外が0℃、80%の場合)。通気で水蒸気をある程度外に逃がせるが、通気に不具合が生じたり入る量が多かったりすると、壁内にたまる。

 防湿層の扱い方は断熱材の種類で変わる。繊維系は水蒸気を通しやすいので、防湿シートを連続させる。防湿シートは気密層の一部を兼ねる。水蒸気を通しにくいプラスチック系は防湿シートが不要だが、断熱材の継ぎ目などに気密テープを張って隙間ができないようにする。

 調湿機能を持つ断熱材を使う場合は防湿シートを通常張らないので、断熱層と気密層の連続が重要になる。住まい環境プランニング(岩手県滝沢村)社長の古川繁宏さんは、「大量の水蒸気が壁内に入ると結露しやすくなるので、ほかの断熱材を使用するときよりも壁内を冷やさないような注意が必要だ」と話す。

LANケーブルで断熱材が入らない(写真:住まい環境プランニング)

基礎と土台の間が断熱欠損(写真:住まい環境プランニング)

高湿度の床下が冷える(写真:カノム)

細部の断熱を忘れる(写真:マルフジフォーム工業)

ぬれた構造材を密閉(写真:カノム)

通気パッキンと気密パッキンを間違える(写真:福田温熱空調)

気流止めがない(写真:福田温熱空調)

断熱材の厚さ不足(写真:カノム)

発泡ウレタンが水浸し(写真:住まい環境プランニング)

セルローズファイバーの充填不足(写真:カノム)

icon_eek.gif 施工監理はひつようですね!

icon_biggrin.gif 最後まで見て戴き
有難う御座います。kao02.gif

 

hana-ani01.gif お待ちしてま~す。hana-ani01.gif
 kao02.gif   ・・・・・・・・・keitai05.gif