もちろん新築も杉山流!

浅野邸

浅野邸-親子2世帯の豊かなコミュニケーションが生まれる家

ご夫婦の住まいがある敷地に、ご子息夫妻の住宅を新しく建築された浅野さん。
最新鋭の技術を取り入れ杉山工務店オリジナルの演出をプラスし、”温かみ”のある洋風のお宅に仕上げました。

木と鉄の複合梁「テクノビーム」と、随所にわたる工夫で最上級の強度を実現。

img_001

長年にわたる荷重にも屈せず、たわみや変形を生じない鉄骨複合梁「テクノビーム」を採用。

さらに床自体の強度を守るため、床のねじれを防ぐ「ねだなし工法」や、屋根のねじれを防御するために垂木(たるき)を細かく配することで、高い耐震性・耐久性を誇っています。  

基礎や外壁にも、高級感と個性を演出。注文建築ならではの魅力を存分に伝えます。

img_002

住宅の基礎は、コンクリートの打ちっ放しがほとんどですが、浅野邸の基礎にはコンクリートの表面に美しい模様を入れ、個性を演出しました。

また外壁には、手軽なセメントの薄い素材を使わず、焼き物の平板な瓦を採用。セメントよりもはるかに強度のある瓦を使いながら、洋風住宅の外観にふさわしいモダンな印象となりました。  

2世代がほどよい距離を保てるリビングと、プライバシーを守れる個室を両立した快適空間。

img_003

2世代が語らうリビング部分は和室と洋室の間じきりを可動性のあるものにし、自由に開け閉めしていただけるように工夫しました。 そしてそれぞれのお部屋は、リビングに通じる導線を保ちながらも、各々プライバシーを守れる空間としています。

バリアフリー化はもちろん、安全性、快適性、利便性を考慮した細かい手仕事を施しています。  

中嶋邸

棟上げ 4

地域密着型の工務店として、京都の街とともに50有余年。その熟練の職人が、より理想的な住宅を実現する新工法「テクノストラクチャー」と出合いました。在来工法の長所である木の良さを活かしながら、耐震・耐久性に優れた高性能ハイブリッド工法を取り入れ、省エネルギー性の高い、しかも低価格住宅の実現を可能にしたのです。

新工法ならではの最新のテクノロジーに、職人、一人一人が持つ真心と誇りで、理想の住宅を造り上げる、それが杉山工務店の仕事です。

中嶋邸-最新技術を用いた安心と信頼の住宅

こだわりぬいた建材のみを使用することによる絶対的な安心と信頼。
最新技術を取り入れ「自慢の杉山工務店オリジナル」の演出をプラスすることにより、注文住宅ならではのオリジナリティを実現いたしました。   

外壁材に求められるあらゆる基本性能を満たす「パワーボード」。

img_004

外壁材に求められるあらゆる基本性能を満たす「パワーボード」を採用。

旭化成パワーボード(50mm・38mm)。

防火性・意匠性・遮音性・透湿性・耐久性・断熱性に優れた外壁材です。

こだわりぬいた建材のみ使用、注文住宅ならではの魅力を存分に伝えます。

img_005

土台及び大引きにもこだわりぬいた建材を使用しております。
見えない箇所であればこそ、こだわりぬいた建材を自信をもって使用しております。

土台及び大引きはスーパーカーボンコート(活性化木炭水性塗料)床高密度断熱38mm。

新しい地震対策のかたち、テクノストラクチャー「免震システム」。

img_006

「高耐震・大空間」を実現させた「テクノストラクチャー」工法。

地震に対する強さが実証済みのこの工法に、 「免震システム」を組み合わせて、ワンランク上の地震対策を実現。

松下電工の鉄骨梁、屋根垂木は高さ90mm×45mm、施工巾は300mmで施工屋根裏高密度断熱55mm使用。

屋根瓦にいたるまで、耐震と防災にこだわりぬいた「安心住宅」。

img_007

屋根瓦にいたるまで耐震と防災こだわりぬいた「安心住宅」は、住む方に絶対的な安心と信頼をお約束いたします。

ベランダは柱無しの出巾1.800mm屋根瓦は耐震及び暴風の防災瓦使用。

さらに開放感のあるベランダは、大切なご家族の方すべてにやすらぎあたえてくれます。

機能だけではない、デザイン性も重視した基礎部分。

img_008

「機能」と「デザイン」を両立させることにより、施工主の方により満足していただくことが出来ます。

「杉山工務店の真骨頂」をお楽しみ下さい。

床下全周換気タイプで基礎巾150mmのデザイン基礎。

遮音性や防火性に優れた「ユカテック」を使用、衝撃音から暮らしを守ります。

img_009

重量床衝撃音だけでなく、話し声やオーディオ製品等の空気伝搬音に対する遮音にも効果的です。

二階、木造建築用ALC高剛性床旭化成ユカテック36mm使用(防音・防火 床下地材)。

暮らしの中の重量床衝撃音を低減いたします。

年収に対する借入可能額

※この表はあくまで目安あり、増減する場合があります。

  年収
600万円 550万円 500万円 450万円 400万円 350万円
借入年数 借入可能額
35年 3950万円 3620万円 3280万円 2960万円 2630万円 2300万円
30年 3660万円 3360万円 3050万円 2740万円 2440万円 2130万円
25年 3310万円 3030万円 2760万円 2480万円 2200万円 1930万円
20年 2880万円 2640万円 2400万円 2160万円 1920万円 1680万円
15年 2360万円 2160万円 1970万円 1770万円 1570万円 1380万円
10年 1720万円 1580万円 1440万円 1290万円 1150万円 1000万円